2020年上半期、日本のモバイルゲーム市場分析

2019年7月、アプリ収益化とユーザー獲得に有益なリソースを提供するプラットフォーム「Pangle」が日本市場に参入。それ以来、Pangleは急速に成長しています。

この度、Pangleの動向を通して2020年上半期の日本のモバイルゲーム市場を分析。5つのインサイトを発見しました。

さらに2020年下半期トレンド予測についてもご紹介します。

//sf-tb-sg.ibytedtos.com/obj/ad-penny-oversea-bucket/ca1a00ae83954a44b66c6459235077cc

日本市場は世界中のモバイルゲーム開発者やパブリッシャーに多大な影響力を持っています。

その理由としては、

  • 日本のモバイル収益の1/3をモバイルゲームが占めている。

    (出典:App Annie2020年1-4月調査データ)

  • 日本は世界で3番目に大きいモバイルゲーム市場である。

    (出典:Newzoo 2019年調査データ)

  • 日本のユーザーがアプリを使用する時間の47%をモバイルゲームが占めている。

    (出典:App Annie 2020年1-4月調査データ)

    という点が挙げられます。

    //sf-tb-sg.ibytedtos.com/obj/ad-penny-oversea-bucket/a82101983fec47ce94a382edc580792b
    1. 広告をタップするユーザーが増え、モバイル広告のエンゲージメントが急増

    2020年に入り、広告のエンゲージメントは顕著に増加しています。特にCTR(広告クリック率)は着実に増加し、3月にはピークに達しました。4月にはやや減少しましたが、全体的にはまだ比較的高い水準が維持されています。2019年下半期から2020年上半期にかけて、平均CTRは実質2%増加しました。

    エンゲージメントが増加すれば、UA(ユーザー獲得)ばかりではなく、収益化も進みます。エンゲージメントの増加は、eCPMや収益を増加させ、またアプリ内広告エクスペリエンスも改善します。

    //sf-tb-sg.ibytedtos.com/obj/ad-penny-oversea-bucket/19df93d9fbc54b81a90114608ba1d2a2
    2. モバイルゲームへのSOVが健全に成長

    PangleのモバイルゲームへのSOV(シェア オブ ボイス)は健全な成長を記録。Pangle経由のモバイルゲームのMAU(月間アクティブユーザー)も飛躍的に上昇し、2019年下半期から2020年上半期にかけて211%増加しました。

    特に、「数独ゲーム」カテゴリーが急成長しています。数字のパズルである「数独ゲーム」は、パズル好きの日本のモバイルユーザーに対してもともと訴求力が高かった中、2020年上半期は通常より多くの人の在宅時間が長くなり、さらにこの傾向が強まった可能性があります。「数独ゲーム」は開発投資が比較的少なくて済むため、開発者にとっても魅力があるジャンルと言えます。

    //sf-tb-sg.ibytedtos.com/obj/ad-penny-oversea-bucket/93912387dfc54ca0b6f407fe7e1a2d63
    3. Pangleで日本のモバイルゲームのeCPMが改善

    Pangleにおいて、ゲームのeCPMは着実に増加。2020年上半期の動画リワード広告と動画インタースティシャル広告のeCPMは、2019年下半期に比べて18%高くなっています。

    //sf-tb-sg.ibytedtos.com/obj/ad-penny-oversea-bucket/f6c69654f9244597be7b7adfc4e1bfeb
    4. 最も高収益なゲームカテゴリーは「アクション」「アイドル(放置)」「ハイパーカジュアル」

    広告による収益化という観点から最も高収益なゲームカテゴリーは、「アクション」「アイドル」「ハイパーカジュアル」です。

    2020年上半期は、多くのアクションゲームやアイドルゲームがハイブリッド収益化モデルの導入に成功しています。これらのモデルでは、アプリ内課金とアプリ内広告の両方を用いて、課金ユーザーと非課金ユーザー双方からの収益を最大化します。

    ハイパーカジュアルカテゴリーは、広告による収益化において常に首位を占めており、2020年上半期も収益を拡大し続けています。

    //sf-tb-sg.ibytedtos.com/obj/ad-penny-oversea-bucket/b4094fdbb98748949eeb89e961fb2d62
    5. 動画リワード広告が最も効果的なカテゴリーは「SLG」「ハイパーカジュアル」「アクション」

    動画リワード広告が最も効果を発揮し、収益化が期待できるカテゴリーは、「SLG(シミュレーションゲーム)」「ハイパーカジュアル」「アクション」です。

    ハイパーカジュアルカテゴリーにおいては好調を維持している動画リワード広告ですが、一方で、SLGとアクションゲームは従来、IAP(アプリ内課金)ベースの収益化に依存しており、アプリ内広告はあまり活用されていませんでした。

    しかし、動画リワード広告により、ゲームの収益性とユーザーエクスペリエンスを両立し、向上させることを実現。そのため、SLGとアクションゲームにおいても動画リワード広告の利用はさらに拡大しています。ARPUの高さとユーザーのライフサイクルの長さにより、SLGとアクションゲームは、動画リワード広告を通してより多くの収益を上げることが見込まれています。

    //sf-tb-sg.ibytedtos.com/obj/ad-penny-oversea-bucket/f16201f1b11b438f9fb9efa4e792e6b9
    2020年下半期のトレンド予測
    • 広告による収益は拡大し続けており、モバイルゲームにおけるアプリ内広告は、少なくともアプリ内課金と同じくらい重要になることが予測されます。

    • 収益を最大化するために、IAPベースのゲームはさらに広告を組み入れるようになるでしょう。その中心となるのが非課金ユーザーを収益化し、さらにIAPを促す動画リワード広告です。動画リワード広告は、常に見るかどうかをユーザーが選択できるため、アプリのユーザーエクスペリエンスを損ねることがありません。

    • オンラインサービスの需要は高いまま維持されることになります。結果として、モバイルゲーム、エンターテイメント、コンテンツサービスにおいて成長する機会は急速に増え続けるでしょう。