logo

動画リワード広告がビジネスにメリットをもたらす理由!?

スマートフォンはユーザーに大量の情報をもたらします。調査によると、2019年第1四半期におけるスマホの平均利用時間(オンライン時間)は1日約4.2時間にのぼっています。モバイル機器の利用に費やす時間が増加する中、従来の広告で露出を高めることは以前よりも難しくなっています。そこで問題となってくるのが、どうすればモバイルプラットフォームの使用体験を損なわずに、効率的にモバイルユーザーの注意を引きつけ、コンバージョン率を高められるかという点です。
この問題に完璧に対処できるソリューションとしてご紹介したいのが動画リワード広告です。
動画リワード広告とは?
簡単に言うと、動画リワード広告とは没入感の高い動画形式の広告で、アプリユーザーが事前に視聴を選択するオプトインと引き換えにアプリ内報酬を受け取る仕組みとなっています。この広告形式はモバイルゲームで広く展開されており、動画広告のコンテンツと実際のゲームシナリオを統合し、プレイヤーがそれぞれの広告をクリアすることによって何らかの利益や恩恵を受けられるタスクのようになっています。このように、動画リワード広告はユーザーのゲーム上でのニーズを刺激し満たすため、ユーザーの注目を集めて価値を生み出す上で極めて効果的なツールといえます。
その人気の秘密を知るには、動画リワード広告がモバイルゲームの世界でこれほど影響力を高めた背景を理解することが大切です。
今後成長が予想される新たなグローバルトレンド
動画広告は動く画像と音声を伴うことで、同じ尺でも静止画広告よりはるかに多くの情報を伝えることができます。また、動画広告を最後まで視聴するユーザーは、動画が終了する前にクリックしようとする傾向があるため、コンバージョンにつながる可能性も高まります。さらに、こうしたユーザー層はゲームのリピーターとなり、将来的に再度購買を行う可能性も高いため、顧客生涯価値もより高いというメリットもあります。
第4世代移動通信システム(4G)の普及拡大に伴う、短編動画の技術やプラットフォームお急成長で、動画コンテンツの制作や配信が簡単にできるようになりました。2016年以降、モバイル動画広告の支出割合は、2016年からほぼ倍増となっており、世界的なトレンドとなっています。
ユーザーと開発者にとってウィンウィン(Win-Win)の状況
動画リワード広告は、従来の広告のルールを思いもよらない方法で打ち破りました。従来の広告の特徴であった一方向だけの情報フローとは異なり、動画リワード広告はユーザーに対し、報酬と引き換えにアクティブ視聴者となるかどうか自分で決められる選択肢を与えています。
この広告モデルは、開発者が動画広告を用いて収益を得る一方で、それを視聴するユーザーにその一部をアプリ内報酬として還元するというのが仕組みの要になっています。ユーザーの意思に反して視聴させるのではなく、自分で視聴を選択しているという感覚を与えることは、ユーザー体験の向上につながります。広告主の側にとっても、ユーザー満足度という要素は継続的な購入を獲得する上で重要な鍵となります。Pangle(パングル)のデータによると、動画リワード広告は他の広告形式と比較して、4倍のクリック率(CTR)、3.6倍のコンバージョン率(CVR)を生み出す傾向があります。
動画リワード広告には、ゲームに自然になじみやすく、プレイの流れを中断せずにゲーム体験の一部として提供できるというメリットもあります。動画リワード広告を導入することにより、開発者はユーザーに対してゲーム内課金やアプリ内購入を行うよう働きかけることができます。Pangleのデータによると、動画リワード広告を視聴したプレイヤーはゲーム内での課金が平均20~30%増加しただけでなく、リピーター率も15~20%上昇しました。
新たなゲーム・エコシステムを確立、他分野でも大きな成長性
ここまで述べてきたメリットから、動画リワード広告はユーザー、広告主、開発者が相互に恩恵をもたらす活発なゲーム・エコシステムを確立する手段と言えるでしょう。ユーザー側は視聴すると実質な価値を得られるので、動画を良いものととらえています。広告主側はより高いコンバージョン率を目指し、各コンバージョンの顧客生涯価値も高めることができるため満足しています。開発者側は有効インプレッション回数を増やし、より高い製品レーティングを獲得することができます。
動画リワード広告はゲーム以外の市場ではまだこれからという状況ですが、オンライン書籍やソーシャルメディア、ユーティリティアプリの分野におけるアプリ内課金で大きな潜在性を持っています。