logo

モバイルゲームにおける動画リワード広告配置のベストプラクティス

動画リワード広告は、あらゆるジャンルのゲームにおいて最適な選択肢と言えます。プレイヤーにゲーム内の報酬と引き換えに自発的に広告を見てもらうことにより、ゲームのさらなるプレイを促し、無課金プレイヤーの価値を高め、CPMの向上とより良いユーザー体験を実現させることができます。
収益化の前に考慮すべき4つの要素
プレイヤーに最高のゲームプレイ体験を提供することは、あらゆるゲームを制作するうえで絶対不可欠な根幹となる部分です。 収益化を目指すデザイナーや開発者は、動画リワード広告の理想的な配置と設定はクリエイティブなプロセスの重要な部分と考えなければなりません。大まかには、プレイヤーのコアニーズを特定し、広告を見てもらう動機付けとしてこれらのニーズに刺さる方法を検討していきます。ゲーム内で使用できる報酬をプレイヤーに提供することにより、広告が歓迎される存在になるだけでなく、ゲームの様々なコンテンツを楽しんでもらうことにも繋がります。
動画リワード広告を用いたゲームの収益化を行う前に考慮すべき4つの重要なアドバイスを以下に示します。
1. 広告へアクセスしやすくする
ゲームインターフェースに適切に配置された明確かつ魅力的な広告ボタンは、非常に良い第一印象を与えることができます。 動画リワード広告の目標は、プレイヤーにわかりやすく一貫性のあるアクセス方法を提供することです。効果的な方法としては、モーションエフェクト、対比色、スマートテキストディスプレイなどの活用があり、広告ボタンを際立たせてより多くのアクセスを生み出すことができます。
2. 報酬を明示的かつ先行的にする
内容が不明瞭な広告報酬はプレイヤーを惹き付けません。不明瞭にするのではなく、特定の報酬を必ず獲得できることを先にプレイヤーに伝えることで、動画の視聴へと繋げていきます。用いるメッセージとしては例えば、「動画を見てライフをゲット」や「動画を再生してゴールド2倍」などが挙げられます。
3. 魅力的な報酬アイテムを戦略的な量で提供
魅力的な報酬はクリック数とコンバージョン率の増加に繋がります。報酬はプレイヤーにとって明白かつ即座に価値となるゲーム内アイテムでなければなりません。入手が困難なゲーム内アイテムの提供はプレイヤーにとって非常に大きなインセンティブになります。
ミッドコアゲームでは、アプリ内購入に使用可能なコインの付与を検討すると良いでしょう。カジュアルゲームでは、ライフやクールダウン短縮などの付与がゲームプレイを続行してもらう効果的な方法です。広告報酬の理想的な量を決定するにあたって、CPMと全体的なコストを総合的に算出する必要があります。過剰な広告報酬によってゲームの環境に悪影響がもたらされるのは絶対に避けなければなりません。
4. 広告の頻度を調整する
適切に計算された広告頻度は、ゲーム環境の健全性、ユーザーエクスペリエンスの向上、および広告収入の安定化に繋がります。例えばカジュアルゲームでは、プレイヤーがゲームをプレイする平均20~50分ごとに5~8回のフリークエンシーキャップを設けて広告の間隔を空けて新鮮な状態を保ちます。
動画リワード広告配置のガイド
動画リワード広告の効果を最大限に引き出すには、プレイヤーのニーズを総合的に理解したうえで、ユーザー行動の各段階において適切な広告配置の組み合わせを行う必要があります。以下は広告配置に関するアドバイスになります。
ゲーム開始前の配置:
• ランディングページ:デイリーログインボーナス
• ホームページ:
  • 「動画を視聴してコイン、ダイアモンド、装飾品をゲット」など
  • 「動画を視聴してラッキーターンテーブル、宝箱などの抽選にチャレンジしよう」など
• ミッション:「動画を視聴して装備品の欠片をゲット」
• ストア:「動画を視聴してゲーム通貨またはアプリ内購入での割引をゲット」
ゲーム中の配置:
• 「動画を視聴して2倍/追加のポイントをゲット」
• 「動画を視聴してHP、装飾品、その他アイテムをゲット」
• 「動画を視聴して新キャラ、レベル、スキル、シーンを開放」など(プレイヤーは、期間限定のお試し期間でアクセスした後にアイテムを購入する可能性が高い)
• 「動画を視聴してクールダウン短縮とスピードアップをゲット」
//sf-tb-sg.ibytedtos.com/obj/ad-penny-oversea-bucket/ef07eed5c2e94211801e30311c20ed9a
例:「動画を視聴して宝箱を今すぐ開けよう」
• パルクール/RPG/音楽ゲーム:「動画を視聴して復活回数を増やそう」
• パズル/アドベンチャーゲーム:「動画を視聴してヒントをゲット」 マッチ3ゲーム:「動画を視聴して行動回数を増やそう」