失敗例から学ぶ、アプリ収益化に導く効果的な方法とは

モバイルアプリは収益化が可能なため、多くのアプリ開発者が新しいアプリを次々とリリースし、効果的な方法で収益を伸ばしています。


本記事では、アプリ開発者がアプリの収益化で陥りがちな失敗例と、Pangle活用によるアプリの収益を高める方法についてご紹介します。

https://sf-tb-sg.ibytedtos.com/obj/ad-penny-oversea-bucket/9dbdf0208fe54240ac7f071915647bf4
アプリ収益化の主な失敗例

アプリ収益化において陥りがちな失敗や、失敗につながる間違った認識を知り、改善することが成功につながります。

https://sf-tb-sg.ibytedtos.com/obj/ad-penny-oversea-bucket/f54e5734b75747ddaa21e9610b37f88a
  1. 1つの収益ルートしか利用していない:

    アプリの収益化で最初に思い浮かぶのはアプリ内購入の促進ですが、それ以外にも収益を得る方法があります。その1つが広告を利用する方法です。広告は簡単に活用することができ、最も効果的でスピーディーな収益の拡大を見込むことができます。

    アプリ内で広告を表示できる環境を整え、過去の広告データとユーザーの反応に基づいて広告を最適化してください。


  1. 広告による非常に高いコンバージョン率を期待する:

    優れたアプリを開発したとしても最初から高い収益を獲得できるとは限りません。常に収益化キャンペーンの結果を分析し、戦略を最適化していく必要があります。


  1. 広告の配置が不適切:

    ユーザーエクスペリエンスを考慮せず、最大のインプレッション獲得が見込まれるプレースメントを選択しがちです。しかし、インプレッション数が直接収益につながるわけではありません。ユーザーのアクションが中断されるような広告を表示すると、ユーザーは広告を避けるためにアプリを閉じてしまう可能性があります。

    しかし、広告を効果的に活用できるケースは多くあります。例えば、ブラウザのインターフェースにフィード型広告を表示すると、すでに検索意欲のあるユーザーに新しい情報を提供することになり、コンバージョン獲得の可能性が高まります。


アプリの収益化の計画は、いつ立てるかが重要

アプリの収益化の戦略は、アプリ開発段階から立てることが理想的です。実際に収益化に成功したアプリ開発者の多くは、収益化を念頭に置いてアプリをリリースしています。

https://sf-tb-sg.ibytedtos.com/obj/ad-penny-oversea-bucket/1741d709224e490bbd237322d3001148

例えば、これまでの7年間で100本以上のモバイルゲームを日本でリリースし、ゲームプレイヤーから絶大な人気を誇るアプリ開発会社「Global Gear」は、「当社では広告を表示することを考慮してゲームをデザインし、ユーザーエクスペリエンスを優先した最適な広告表示を行っています。」とコメントしています。

【インタビュー】大人気ゲームを次々リリースし、 日本のカジュアルゲーム市場を牽引。ユーザーを惹きつけ、 収益を拡大している「Global Gear」>

アプリ収益化のために広告を導入する際、場合によってはアプリのデザインを大幅に変更する必要も出てきます。一定数のプレイヤーを獲得しているアプリでの大幅な変更は、既存ユーザーを失うなどの問題が生じる可能性があります。


モバイルアプリに最適な広告フォーマットとは
https://sf-tb-sg.ibytedtos.com/obj/ad-penny-oversea-bucket/3accd2a7986540e1b2045676a4e30d1a

モバイルアプリに導入できる広告フォーマットはリワード動画広告、インタースティシャル動画広告、ネイティブ広告などさまざまですが、アプリによって最適な広告フォーマットは異なります。

ゲーム系、動画系、SNS系、ツール系などジャンルごとに最適なフォーマットがあるので、それぞれの特徴を捉えた上で、アプリ収益化の目標に合う広告フォーマットを選ぶことが重要です。

主な広告フォーマットの特徴をご紹介します。


  1. リワード動画広告:

    ゲームにおける追加のライフ、仮想通貨、無料トライアルの延長などのアプリ内報酬と引き換えに、動画を視聴する選択肢をユーザーに提供するオプトイン動画広告です。


    例えば、ドイツのモバイルゲームスタジオ「Kolibri Games」は、人気ゲーム「ざくざくキング:採掘王国(Idle Miner Tycoon)」でPangleの動画リワード広告を活用。ユーザーが広告を視聴するとゲーム内で獲得できる通貨が2倍になるというシステムを採用したところ、獲得できる報酬が魅力となり、多くのユーザーが広告を視聴するという大きな成果を上げました。


    詳しくはこちら 「シミュレーションゲームでリワード動画広告を活用、ARPDAUが112.52%に!」>

    Pangleリワード動画広告・プレイブック >


  1. インタースティシャル動画広告:

    アプリのインターフェイスを損なわず、安全性が高く、魅力的な動画広告を自然なタイミングで表示できるのがインタースティシャル動画広告で、ユーザーは広告をスキップするか視聴するかを選択することができます。


    例えば、オンラインコンテンツを制作している「GMOメディア」は、チャットアプリのようなスタイルで小説を読むことができるアプリ「プリ小説」で、Pangleのインタースティシャル動画広告を活用。小説の章と章の合間で表示させることで、ユーザー体験を優先しながら収益化を図ることに成功しました。その結果、「プリ小説」の総収益は110%増加しました。


    詳しくはこちら「【広告活用事例】小説アプリでフルスクリーンビデオ広告を活用、eCPMが2倍に!」>

    Pangleインタースティシャル動画広告・プレイブック>


  1. ネイティブ広告:

    アプリのデザインに溶け込み、アプリの使用中にスムーズに表示される広告です。

    ニュース/記事などのアプリに、ページ一部として広告のテキストや画像を表示させることができます。


    Pangleネイティブ広告・プレイブック>



Pangleは、効果的なモバイルアプリの収益化と広告パフォーマンスを可能にします。

インテリジェント広告テクノロジーを搭載したPangleは、インタラクティブで高性能な動画広告フォーマットを活用して、あなたのビジネスをサポートします。


詳しくはこちらをご覧ください。

www.pangleglobal.com/jp