世界のモバイルパズルゲーム市場を分析、収益拡大につながるPangle|Newzoo 最新レポート「パズルゲーム:欧米とアジア市場の比較」を公開

モバイル広告プラットフォームPangleは、ゲーム市場のインサイトと分析において世界で最も信頼・引用されたソースであるNewzooと共同制作した最新レポート「パズルゲーム:欧米とアジア市場の比較」を公開しました。

本レポートは、米国、イギリス、日本、韓国を中心とした欧米およびアジアのパズルゲーム市場について解析、ゲームディベロッパーとパブリッシャーにとって、欧米とアジア市場の主な違いの理解につながる洞察あふれる情報を提供しています。

https://sf-tb-sg.ibytedtos.com/obj/ad-penny-oversea-bucket/fcb4fc28dfec48e1826674602f9d4a1e
パズルゲームの収益は、世界のモバイルゲーム市場で大きなシェアを獲得

モバイルパズルゲームの中でも最も人気があるマッチ3ゲームは、斬新なサブジャンルがたくさん派生しています。モバイルプレイヤーはパズルゲームを喜んでプレイし、課金しており、その結果、2020年、モバイル市場におけるパズルゲームの売上は69億ドルとなりました。これは広告収益を除いた消費者支出のみの数字で、モバイルゲーム市場全体の収益869億ドルのうち8%を占めるものです。

モバイルパズルゲームではアメリカのシェア(20億ドル)が最も多く、次いで日本(12億ドル)、中国(9億ドル)と続いており、3か国だけで全体の収益の半分以上を占めています。

主要市場で最も人気が高いゲームジャンル「パズルゲーム」

モバイルゲームのプレイヤーに、過去6か月間にプレイしたゲームのジャンルについて質問したところ、 パズルゲームは米国、イギリス、日本、韓国のすべてで1位となりました。パズルゲームは一般的に女性ユーザーに人気ですが、各国の市場によって、性別ごとに好まれるゲームにも違いがあります。それは、年齢、世帯収入、職業など属性によっても異なり、また、米国、イギリス、日本、韓国で非常に似通った部分、顕著に異なる部分などそれぞれに特有な傾向が出ています。

世界のモバイルゲーム市場で収益獲得の要となる「パズルゲーム」

各市場のトップ50に入ったパズルゲームでは、複数の市場で人気のものも多く、イギリス、米国、韓国では、ほとんどが欧米のパブリッシャーのゲームで占められていますが、日本市場では、日本の企業が開発したゲームが好まれる傾向があります。


この他、詳細についてはPangle|Newzoo 最新レポート「パズルゲーム:欧米とアジア市場の比較」に掲載しています。