|ナレッジセンター
実装ガイド

Pangleアカウントの管理

- サブアカウントの設定方法

- 概要:

Pangleでは、共通アカウント利用によるデータセキュリティーリスク対策及び業務内容を明確にする方法として、サブアカウントを追加して、それぞれのサブアカウントに異なる権限を振り分けることができます。

- 操作手順:

Pangleでは、招待制でサブアカウントを追加できます。 サブアカウント追加権限を持つユーザー(スーパー管理者、管理者)は、アカウント情報ページで「サブアカウント」をクリックし、「サブアカウント追加」でサブアカウントを追加できます。 追加したいアカウント名とメールアドレスを入力して、役割と適切な権限を設定してください。

設定内容を登録すると、追加されたユーザーのメールアドレスにアクティベーションメールが送信されます。追加されたユーザーは指示に従ってアカウントをアクティベートできます。

- 役割について:

Pangleでは、現在以下の役割があります:

- スーパー管理者:アカウント申請に使用されたメールアドレスのユーザーはデフォルトですべての権限を持つスーパー管理者となります。スーパー管理者の権限は移行でき、移行後、元のスーパー管理者が通常の管理者になります。

- 管理者:管理者は、すべての情報の照会および編集をすることができます。すべての機能にアクセス可能となりますので、慎重に設定してください。

- ファイナンス:ファイナンスは会社情報と支払い情報にアクセスできます。

- オペレーター:オペレーターは会社情報、パフォーマンスのデータ、アプリ、ブロック管理にアクセスできます。実行できる操作は、権限が与えられたアプリ内の操作に限ります。

- デベロッパー:デベロッパーは実装ガイドにアクセスできます。

- Pangleの登録済みアカウント情報の変更方法

ログイン後、「アカウント名」をクリックし、表示される情報画面で変更したい名前、メールアドレス、携帯番号をクリックして修正できます。