ヘルプセンター/詳細を表示/

Pangleレポートでのパフォーマンスデータの表示

Pangleレポートでは、アプリ、広告プレースメント、アカウントレベルでのインプレッション、クリック数、CTR、CPM、および収益に関する広告のパフォーマンスを個々に表示します。

(1)Estimated Revenue(RMB/USD)


ご選択した配信期間内のアカウントの収益。


この金額は推定値です。最終な金額は、毎月末に収益を調整して確定されます。



(2)Impressions


広告の有効なインプレッションの回数。


有効なインプレッションには重複インプレッション、タイムアウトインプレッション、テストモードのインプレッションなどをは含まれません。



広告フォーマット別の有効なインプレッションの定義は下記となります。


起動画面広告:表示高さはスクリーン高さの75%以上、幅はスクリーン幅、表示時間が1sを超えるもの(海外版には起動画面広告はない)


インフィード広告:表示面積は画面総ピクセル数の20%以上、表示時間が1sを超えるもの


フルスクリーン動画広告と動画リワード広告:動画の再生開始


重複なインプレッションのフィルタリング:1回のリクエストで正常にレスポンスされた広告が、ユーザーに複数回表示される場合、重複するインプレッションを除去し、インプレッション数は1とする。


タイムアウトしたインプレッションのフィルタリング:1回のリクエストで正常にレスポンスされた広告が、タイムアウト後もユーザーに表示される場合、インプレッション数に計上されない(有効期間:起動画面広告の場合3時間、その他広告フォーマットは1時間)


テストモードプレイスメントのインプレッションのフィルタリング:1回のリクエストで正常にレスポンスされた広告が、ユーザーに有効で表示された場合、もしプレイスメントはテストモードれあれば、インプレッション数に計上されない。



(3)Clicks


有効な広告クリック回数


重複なクリック、テストモードのプレイスメントのクリックなどは除外されている。



詳細説明:


重複なクリックのフィルタリング:1回のリクエストで広告は正常にレスポンスされたが、もしユーザーが複数回クリックした場合、重複したクリック数を除き、クリック数は1とする。


テストモードのプレイスメントのクリックのフィルタリング:プレイスメントのステータスがテストモードの場合、Pangleは有効なクリックに計上しません。


1回のリクエストで正常に広告がレスポンスされ、ユーザーが広告をクリックしても、プレイスメントがテストモードの場合、インプレッション数に計上されません。



(4)CTR


CTR= (Clicks/Impressions)*100



(5)eCPM


eCPM = Estimated Revenue*(1000/Impressions)



(6)Requests


Pangleが受け取る広告リクエスト数


1つの広告リクエストでM件のクリエイティブを請求される時、広告リクエスト数は1と計算しています。


Pangleから自動的に送られるプリロードリクエストも、広告リクエスト数に計上します(起動画面広告、動画リワード広告などの広告フォーマットに限ります)


SDKでエラー報告されたリクエスト数は除外します。クライアント端末から1回リクエストが送られ、SDK上で出される-12などのエラーリクエストはPangleのサーバーには報告されないので、広告リクエストに計上されません。



Pangleから自動的に送られるプリロードリクエスト:


起動画面広告:クライアント端末が1回リクエストを送ると同時に、Pangleからプリロードリクエストが1回送られるため、広告リクエスト数は2となります。


動画リワード広告、フルスクリーン動画広告、インタースティシャル広告:動画再生完了コールバックの時に、Pangleから自動的にプリロードのバッファリクエストが1度送られ、プリロードリクエストが広告リクエスト数に計上されます。


動画のプリロードリクエスト例:


クライアント端末から動画リワード広告のリクエストが1度送られます。この時広告リクエスト=1とカウントされます。


Pangleから1件の動画素材のレスポンスが成功し、動画の再生終了後クライアント端末がコールバックする時、Pangleはプリロードリクエストを送ります。この時広告リクエスト数=2となります。


Pangleから1件の動画素材のレスポンスが成功し、プリロードリクエストのバッファも正常に行われ、タイムアウトしなかった場合、次回のリワード動画では直接当該素材が使用され、リクエストの送信は行われません。そのためこの時の広告リクエスト数=2となります。


プリロードリクエストのバッファに失敗する、または正常にバッファされるものの動画がタイムアウトになる場合、次回のリワード動画では動画素材のバッファが使えないため、クライアント端末から再度リワード動画のリクエストが送られます。この時広告リクエスト数=3となります。



(7)Responses


Pangleがレスポンスする広告の数。


1つの広告リクエストでM件の素材をリクエストする必要があり、Pangleが正常に広告をレスポンスしN件の素材もレスポンスしても、広告レスポンス数は1となります。


Pangleから自動的に送られるプリロードリクエストに対応するレスポンス回数は、広告レスポンス数に計上されます。



(8)Fill Rate


Fill Rate = (Responses/Requests)*100%



(9)Ad Requests


Pangleが受け取る広告で求められる素材の数。


広告リクエストでリクエストされる素材(adcount)を集計した数。広告形式ごとに素材リクエストに対する条件は異なります(例:インフィード広告では素材を3件までリクエストできますが、バナー広告では素材を1件しかリクエストできません)



1つの広告リクエストでM件の素材をリクエストする必要がある場合、素材リクエスト数はMとなります。


Pangleから自動的に送られるプリロードリクエストの素材件数は、素材リクエスト数に計上されます。


具体例:


クライアント端末が1回起動画面広告のリクエストを送ると同時に、Pangleはプリロードリクエストを1回送ります(リクエスト条件は同じです。つまり素材リクエストは1となります)。この時素材リクエスト数は2となります。



(10)Ad Responses



Pangleがレスポンスする広告素材の数。


1つの広告リクエストでM件の素材をリクエストする必要があり、Pangleが広告を正常にレスポンスしN件の素材をレスポンスする場合、素材レスポンス数はNとなります。


Pangleから自動的に送られるプリロードリクエストに対応する素材レスポンス数は、素材レスポンス数に計上されます。



(11)Ad Fill Rate



Ad Fill Rate = (Ad Responses/Ad Requests)*100%




(12)Ad Impression Rate



Ad Impression Rate = (Impressions/Ad Responses)*100%



この答えは問題を解決しましたか?