ヘルプセンター/詳細を表示/

無効な広告形式

パートナーは、以下の承諾済みの広告形式のみを使用することができます。

1. スプラッシュ広告

a. スプラッシュ広告は、アプリの初期化後に表示されなければなりません。

b. 広告の表示後、アプリは自動的にメイン画面に進まなくてはなりません。

c. スプラッシュ広告のプレースメントIDは、スプラッシュ広告の広告枠にのみ使用できます。

2. ネイティブ広告

a. ネイティブ広告は、ネイティブアプリのコンテンツまたはウェブサイトコンテンツの内部に表示されなければなりません。

b. ネイティブ広告は、ネイティブなUIに自然な形で組み込まれながらも、ユーザーを誤誘導しないように、ネイティブアプリのコンテンツまたはウェブサイトコンテンツと明確に区別されなければなりません。

3. 静止画インタースティシャル広告

a. 静止画インタースティシャル広告は、ユーザーにとって自然な一時停止のタイミング(例えば、動画を一時停止したとき、ゲームである段階に到達して終了画面が表示されたとき、アプリのメイン画面に戻ったときなど)で表示されなければなりません。

b. 静止画インタースティシャル広告は、ユーザーの操作中に突然表示させることにより、ユーザーエクスペリエンスに悪影響を及ぼしてはなりません。そのようなタイミングの例としては、ロード画面の表示中、アプリの終了時、ゲームのプレイ中などが挙げられます。

c. 静止画インタースティシャル広告は、ユーザーの誤解を招かないように、ネイティブアプリのコンテンツと明確に区別されなければなりません。

d. 静止画インタースティシャル広告は、全画面に表示されてはなりません。画面上には、広告が表示されないスペースがなければなりません。

4. バナー広告

a. バナー広告は、画面の上部、下部、または段落間に表示されなければなりません。また、ネイティブアプリのコンテンツまたはウェブサイトコンテンツ(テキストや画像など)の内部に表示されてはなりません。

b. バナー広告は、ユーザーの誤解を招かないように、ネイティブアプリのコンテンツまたはウェブサイトコンテンツと明確に区別されなければなりません。

c. 該当する場合、プレースメントの作成時には、カルーセル広告の設定をオンにしなければなりません。

5. 没入型動画フィード広告

a. 没入型動画フィード広告は、動画ストリーム内に表示されなければなりません。

b. 没入型動画フィード広告は、ユーザーの誤解を招かないように、ネイティブアプリのコンテンツまたはウェブサイトコンテンツと明確に区別されなければなりません。

c. 没入型動画フィード広告は、以下のセクション(7.動画リワード広告)に準拠する場合を除き、広告ビューに対する報酬を含んではなりません。

6. フルスクリーンビデオ広告

a. フルスクリーンビデオ広告は、ユーザーにとって自然な一時停止のタイミング(例えば、動画を一時停止したとき、ゲームである段階に到達して終了画面が表示されたとき、アプリのメイン画面に戻ったときなど)で表示されなければなりません。

b. フルスクリーンビデオ広告は、ユーザーの操作中に突然表示させることにより、ユーザーエクスペリエンスに悪影響を及ぼしてはなりません。そのようなタイミングの例としては、ロード画面の表示中、アプリの終了時、ゲームのプレイ中などが挙げられます。

c. フルスクリーンビデオ広告は、広告ビューに対する報酬を含んではなりません。報酬が必要な場合は、動画リワード広告の形式を参照してください。

d. フルスクリーンビデオ広告は、5秒経過後に広告をスキップするオプションをユーザーに提供しなければなりません。パートナーは、スキップボタンが自動で表示されるスキップメカニズムに対し、一切の調整を加えてはなりません。

7. 動画リワード広告

a. 動画リワード広告は、自動で表示されてはなりません。ユーザーは、アプリ内の報酬を目的として、自発的に広告を見ることを選択しなければなりません。動画リワード広告のロケーションの例としては、広告を見ることでキャラクターが復活する、広告を見ることでコンテンツが開放される、広告を見ることでクールダウンタイムが短縮される、などが挙げられます。

b. 動画リワード広告は、その広告を見ることによって得られる報酬と条件を明確に表示しなければなりません。ユーザーは、表示された報酬を受け取るために、動画リワード広告を最後まで見なければなりません。

c. 動画リワード広告のエンドカード、または動画の再生中に表示されるバナーをクリックすることに対する報酬やインセンティブをユーザーに提供してはなりません。


この答えは問題を解決しましたか?